カードローンの申込み方法

カードローンでは申込みから必要書類の送信までワンストップで行えるインターネット経由の申込みが主流ですが、申込みの本気度を伝えるために郵送や窓口での申込みを選ぶ人もいます。申込み方法ごとのメリット・デメリットを解説します。

pic

手軽に申し込める!インターネット経由での申込み

pic

時間はかかるが本気度が伝わる!申込書を郵送する方法

pic

家計簿などを見せながらリアルな相談が可能!窓口での申込み

pic

審査前に最低限クリアしておきたいこと

カードローンの審査では、借りた金額を確実に返すことができるかどうかがチェックポイントの一つです。審査に用いられる個人信用情報には、クレジットカードの限度額を含め借入状況が登録されていますが、審査にパスするために最低限クリアしておきたい3つの基準について説明します。

pic

クレジットカードの枚数を減らす~未使用カードの限度額も審査時のチェックポイント~

pic

近年、クレジットカードに申し込むといろいろな特典をもらえることが多くなっています。たとえばポイントサイトを通じて申し込むと、現金に換えられるポイントを受け取ることができたりします。カードによっては…

Read Detail

少額の借入は1社にまとめる~借入件数も審査される~

pic

複数のキャッシングカードを所有されている方の中には、ただキャッシング枠を作っただけで持て余していたり借入していたとしても少額のみになっている人もいるでしょう。実はカードローンでは、審査の段階でどの…

Read Detail

借入総額は年収の3分の1以内にしておく

pic

総量規制に引っかかると新規の借り入れは難しい

カードローンに申し込もうという人の中には、既にいくつかの貸金業者から借り入れをしているという人も少なくないでしょう。借金は一社からしかできないという決まりはなく、審査に通りさえすれば、複数の貸金業者からお金を借りることは可能です。 ただ、総量規制と呼ばれるルールに引っかかってしまうとどのような属性の人でも審査に通らない可能性が高くなるので注意しましょう。総量規制とは、年収の三分の一を超える借金はできないという決まりです。以前はこうしたルールがなかったため、年収を上回るような借金をした挙げ句、結局、自己破産する羽目に陥るということがありました。しかし、なんらかの規制を設けないと借金によって一家離散を招いたり、生活苦に陥る人が後を絶たないということで総量規制が成立したのです。


契約しているカードローン会社の数が多いのも審査では不利

ただ、借金の総額が年収の三分の一を下回っていれば必ず審査に通るというわけではありません。契約先のカードローン会社が多い場合、「将来的に大きく借金が膨らむ可能性があり、リスクが高いので貸せない」という判断をされてしまう可能性もあります。たとえば、三つのカードローン会社と契約だけしていて借り入れは0円だとします。しかし、各社カードローンの利用限度額がそれぞれ50万円だった場合、最大で150万円まで借りられるわけです。年収が500万円だとすると、一気に借金が年収の三分の一近くになってしまいます。 したがって、債務額が年収の三分の一よりも少ないのに審査に通らないという場合は、既に契約済みのカードローン会社を確認し、利用限度額が低くてほとんど使っていないようなところがあれば解約してしまい、契約している貸金業者の数を減らしてみるといいでしょう。