時間はかかるが本気度が伝わる!申込書を郵送する方法

image

申込書を使う場合は名前や住所などを手書きする必要がある

近年、カードローンの申し込みはパソコンやスマホを使ってインターネットから行うという人が多いでしょう。ネットからの申し込みだと、時間を問わずにいつでも申し込みが可能ですし、自宅にいてすべて完結するというのもメリットです。しかし、あえて、申込書を郵送するという方法もあります。申込書を使う場合、当然、名前や住所などは手書きしなければならず、また、書き終わったらポストまで行って投函しなければなりませんが、ネットからの申し込みと比べると、審査担当者にこちらの人間性が伝わりそうなところがいいと考える人もいるでしょう。ただ、ほとんどの貸金業者はネットからの申し込みでも、申込書を郵送した場合でも、同じ基準で審査をすると明確に表明しているので、申込書を使ったから審査に通りやすくなるとは限りません。


申込書の入手方法と送付について

では、具体的に申込書を使う場合、どのような流れで申し込めばいいのでしょうか。まず、申込書を入手する必要があります。銀行のカードローンであれば、最寄りの支店に行けば簡単に手に入れられるでしょう。近所に支店がないという場合は、貸金業者のホームページから申込書を取り寄せるといいでしょう。業者によっては、客がホームページ上の申し込みフォームに書いた情報を申込書に印刷し、それを客に送り、印鑑だけ捺してもらって、身分証明書のコピーを同封の上、送り返してもらうという方法をとっているところもあります。ちなみに申込書の送料は貸金業者が負担してくれますが、そのままだと普通郵便で送られることになるので、セキュリティを重視したいのであれば自分で書留をつけるといいでしょう。