少額の借入は1社にまとめる~借入件数も審査される~

image

下手に借入を増やさない

複数のキャッシングカードを所有されている方の中には、ただキャッシング枠を作っただけで持て余していたり借入していたとしても少額のみになっている人もいるでしょう。実はカードローンでは、審査の段階でどのくらい借入しているかを把握されます。その際借入件数が多いほどお金に困っているとされ、審査を通過できる可能性が狭まってしまうのです。これを避けるには、不要なカードローンを解約するか一つにまとめてしまいましょう。特におまとめローンなど複数の借入を一つにまとめる方法は良く使われる方法ですし、3社よりも2社、2社よりも1社との契約件数の方がはるかに印象が良くなります。使わないカードローンは定期的に整理すること、これを心がけましょう。


借入件数を少なくすることで得られる審査以外のメリット

いわゆるおまとめローンなどを利用することで、審査時以外にも様々なメリットがあります。例えば、お金の管理をしやすくなるメリットは大きいでしょう。つい借入しすぎてしまう方は、カード会社ごとに借入金額を小分けにしてしまい現状の借入状況を直視できていない可能性があります。そんな状況も一つのカードローンにまとめてしまえば、たった一つの借入状況を確認していれば良くなります。また、利息の影響を最小限に留めることもできます。利息はカードローンごとにかかるので、複数借入していれば当然その分利息分も高まります。そんな厄介な利息を1社分に、それも金利の低いカードローンを選べばかなりの節約になります。浮いた利息分は返済に充てられますし、審査以外のメリットも大きいのです。